ブラジリアン柔術初心者が学ぶべき最重要テクニック12

グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 護身術 格闘技ジム 格闘技道場 徳島市

Youtubeでは1000を超えるテクニックの種類を見ることができるが、ブラジリアン柔術を始めたばかりの初心者にとって必要なことでしょうか?

ひとつひとつの技の中身も大事ですが、そもそもどの技から練習始めるべきだろうか?

ここからは初心者が学ぶべき最も重要なテクニック。

1)サイドポジション下→エビでガードに戻す

白帯から黒帯になるまで使い続ける技術。下になった時のエスケープは腰を使うことを強く意識すること。

2)ガード→シザーススイープ

古典的なテクニックであるがスウィープに必要な全ての要素が詰まっている。

バランスを崩す、腰を動かす、角度をつける、グリップのコントロールなど。

シザーススウィープは他の多くのガードとコンビネーションで使うこともできる。

グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 護身術 格闘技ジム 格闘技道場 徳島市

3)ガード→三角絞

ブララジリアン柔術のシグネチャーサブミッションのひとつ。

白帯から始まり、最高レベルのMMA(総合格闘技)の試合、ギあり、ノーギに関わらず全てのレベルで使うことができる。

4)ガード→十字絞

ガードからのスウィープや、その他の攻撃の多くは深くとった襟のグリップから始める。

これはエリオ・グレイシーが得意だったことで知られている。

襟の握り方、相手の崩し方が学べる。その他多くのアタックへの出発地点とも言えるだろう。

5)マウント下→ブリッジエスケープ

腰を使ったパワフルなブリッジは多くのエスケープの出発地点だ。

腰の使い方とマウントを脱出するレバレッジの使い方が学べる。

両腕を伸ばして逃げようとすると腕十字をとられるかバックポジションを奪われてしまう!

グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 護身術 格闘技ジム 格闘技道場 徳島市

6)マウント下→エルボーエスケープ

腰と肘をうまく使ってガードに戻す。

エルボーエスケープはブリッジとエビのコンビネーションを学べる重要テクニックだ。

最初の2年間はエスケープを重点的に学ぶ必要がある。

7)マウント上→腕十字

マウントポジションからのクラシカルなサブミッション。

相手の脇を開き、全身を使ってタップを奪う。

スパーリングでのあなたの最初のサブミッションになるだろう。

8)サイドポジション上→アメリカーナ・キムラロック

サイドポジションでは体重の乗せ方を学ぶことができる。

安定したベースができるとアメリカーナやキムラを狙うことができる。

どのようにテコの原理が働き相手からタップを奪うことができるかをよく知らなければならない。

9)バックポジション→裸絞

柔術を代表するサブミッション。

ポジションのヒエラルキーの中で最高の位置にあるバックポジションから使える。

特に体の大きく強い相手に有効で、護身術のシチュエーションでも使える。

UFCや総合格闘技において最も有効なサブミッションとして知られている。

グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 護身術 格闘技ジム 格闘技道場 徳島市

10)パスガード→脚をまたぐ/かつぎ

トップポジションにいるときはプランが明確でなければならない。

相手はガードからチョークや三角絞などを仕掛けてくる。

まず安全な体勢をつくり、そこからスタートする。

11)パスガード→ブルファイターパス

相手は様々なタイプのガードから攻撃を仕掛けてくるだろう。

ブルファイターパスからはグリップの作り方、左右を使った仕掛けを学べる。

黒帯の世界チャンピオンでも得意にしている選手は多い。

12)フライングダブルリバーススピニングベリンボロからのゴゴプラータ

冗談です!11までのテクニックはブラジリアン柔術初心者の指針として役立つでしょう。