ガードポジション上 | グレイシーバッハ 徳島 | 柔術・格闘技

今週はガードポジションの上を練習。
クローズドガードの中では、まず何よりも
良い姿勢を維持することが優先されます。
相手の脚を割っていくのは、その次です。
脚を割ることばかりに、意識がいくとバランスを崩されて大ピンチに陥るので要注意。

座ったベースから割る方法は、リスクは少ないですが、効果はやや低いです。
立ったベースからは、リスクは高くなりますが、相手の足首により大きなプレッシャーが
与えられるために効果は高いです。

技術だけでなく、判断力も高められるよううまく練習内容に落とし込んでいきたいと思います。

上の動画は座りベースの態勢からクローズを割る技術
自分の腰で、相手の足首にいかに強いプレッシャーを与えられるかが
わかり易く説明されています。