3つの間違い | グレイシーバッハ 徳島 公式サイト|ブラジリアン柔術・護身術・格闘技道場

柔術を学ぶ人の大半はできるだけ早く上達することを目標としています。
練習に来て、技の練習をしてスパーをする。あなたもそうでしょう?

しかし多くの生徒には練習に来ても上達していないと感じる苦痛の時期がきます。
練習に来ているのに最適な進歩をしていないのはなぜでしょう?

定期的に練習していても上達しない。
あなたの成長を遅くさせる3つの間違いを挙げてみます。

1)集中力の欠如
有名な黒帯は練習での「意図」を持たなければいけないと言います。
どういう意味かと言うと自分のゲームで改善すべき部分に集中しろということです。

反復練習は動きを学ぶ上で不可欠です。
なんとなくおしゃべりしながらの反復では効果は得られません。
スパイダーガードの練習をし、しばらくするとやめてパスガードなど違うことに乗り換える。
同じテーマでしばらく続けて練習しないと真の上達は得られません。

2)練習でのエゴ
有名な言葉に「エゴを道場に持ち込むな」というのがあります。
本当は何を意味するのでしょう?
多くのトップ選手はエゴを持っていないのでしょうか?

エゴは以下のときに問題になります。

A)スパーで勝ち負けにこだわる。
スパーでは勝つことではなく、「学ぶ」ことに重きを置いて下さい。
これは他の全ての内容を忘れても覚えておいてほしいぐらい重要なことです。

B)エゴや負けへの恐れはあなたの柔術の幅を狭くします。
苦手な分野を練習し失敗して下さい。
失敗を恐れ、得意なテクニックだけを使うなら上達は見込めません。

3)早すぎるアドバンスのテクニック
柔術であろうと何であろうと確実に積み上げたいなら、
ベーシック技術による強固な基礎が必要となります。

多くの生徒はカッコいい新しいテクニックを学びたいと欲求から重要なベーシック技術を捨て、
黒帯がトーナメントで使うようなアドバンスの競技柔術のテクニックを学ぼうとします。

強固な基礎なくして、アドバンスの技術を効果的に使うことはできません。
黒帯が使っている奇抜なテクニックより前にまずはベーシックをマスターしましょう。

Credits: Mark Mullen
Gracie Barra Black belt based in Saigon, Vietnam
Twitter: @MarkMullenBJJ