柔術で乗り越えるべき5つの障害 | グレイシーバッハ 徳島 公式サイト|ブラジリアン柔術・護身術・格闘技道場

理想の柔術は毎回ブレイクスルーがありスパー相手全員を極め、やられることなく練習を終え、

次の練習に向かいます。

実際には実生活とのバランスもとらなければいけませんし、やらなければいけない義務も多くあります。

最高の練習環境で練習しているようにみえるプロ選手でさえ、乗り越えなければいけない多くの障害を持っています。

ここからは最もよくある5つの障害

1)有資格のインストラクターがいない

柔術は近年急激に普及してきました。

黒帯の人数も過去最高になっているでしょう。

しかし人口の少ない地方では普及率が低く、黒帯の指導者や適正な柔術スクールがない場所もあるかもしれません。もしそれでも練習したいならジョイントマットを購入し倉庫や公民館で練習すると良いでしょう。そのように練習している人は世界中に多くいます。

黒帯の指導者のテクニックを学びたいならYoutubeも良いツールでしょう。

2)怪我

最も難しい障害は練習による怪我でしょう。

プロ選手の多くも抱える悩みです。

最高の栄養、サプリメント、フィジカルコーチ、全ての要素がうまくいっても人の身体は怪我しないという保証はありません。

キーポイントは怪我からの回復に十分な時間をかけることです。

再発予防の観点からも重要ですし、再発を繰り返すと練習復帰が難しくなります。

怪我の期間を有効活用し、コンディショニングの勉強やトレーニングをしてみましょう。

そうすれば復帰後にスムーズに練習に戻ることができます。

3)モチベーションの欠如

柔術関連の掲示板でよくある話題は練習へのモチベーションに関することです。

長年、練習している人なら道場へ行くモチベーションで悩んだ事があるでしょう。

答えは時には休息も必要ということです。

小さい怪我、実生活での問題。成長が感じられない。

私の場合は一週間練習を休みます。

心身をリフレッシュするとまたやる気が戻ってきます。

どのスポーツでも上がり下がりの要素はあるものです。

自分自身にオーバートレーニングの症状がでていないか観察してみて下さい。

一週間練習を休むと仲間やスパーリングが恋しくなってまたやる気が戻るでしょう。

4)スランプ

人生と同じように成長は常に一定ではありません。

後退にも感じられる嫌なスランプに度々悩まされます。

しかしあるポイントを過ぎると、テクニックは流れるように決まりスランプを脱出し調子も戻ってきます。経験ある練習生は練習には上がり下がりがあることをよく理解しています。

スランプを突破する最高の方法は特定のポジションを集中して練習することです。

ひと月ぐらい経つと特定の小さいエリアに関しての知識は前月より深くレベルアップしているのを実感できるでしょう。

5)時間がない

これは難しい問題です。

仕事、付き合い、家族、趣味。

しかし本当に練習したいなら時間のやりくりの方法はあるかもしれません。

ある道場の生徒は週何回の練習をキープするためにグループで朝の出勤前に練習していました。

ほとんどの人は週できるだけたくさん練習をしたいと理想を語りますが、私の意見としては週2回練習できたら十分だと思います。

我々には24時間しかありません。

練習するには他にNoと言わなければならない時もたまには必要です。

Credits: Mark Mullen

Gracie Barra Black belt based in Taipei, Taiwan

Twitter: @MarkMullenBJJ