柔術を上達させる「秘訣」

昨夜の練習後、白帯3ストライプの生徒がどうすれば上達できるか尋ねてきました。
私が上達するには秘訣があると語ると、彼はすぐさま興味を示し近寄ってきました。
「上達したい?」
これが私の答えです。

1)週2〜4回練習する
練習時間は全てを超越します。
たとえあなたの先生がエリオ・グレイシーであっても練習に来ないとスキルは向上しません。
柔術スキルを獲得する為の知識と動き、記憶とマッスルメモリーが連結するまでには多くのセッションと期間が必要となります。
もちろん動画を見ること、走ること、ケトルベルでトレーニングすることも可能です。
しかし水に入らずして、泳ぎ方を覚えることはできません。
道場で汗をかくことに代替するものは他にありません。

2)体のコンディショニングを高める
定期的な練習は多くの人の体力を劇的に向上させます。
「可能な限りもっと早く改善したい」
そんな人は余分な努力が必要です。
もちろん「体力」は柔術を上達させるうえで最も重要な事柄ではありません。
だからといって軟弱な選手はいないでしょう。
疲れ切ってしまえば、持っているテクニックを実行することさえできません。
現実的には心肺機能と筋持久力、あなたのベストを引き出せる体力が必要です。

3)インストラクターがクラスで教えたポジションとテクニックに集中する
黒帯は長期間練習することで、柔術という旅について深く学んでいます。
私はいつも生徒に「甘い」テクニックは教えないと伝えています。
カッコイイ、まばゆいテクニックは相手のレベルが上がると本当に使えません。
その代わり基本的なテクニックは使えます。
インストラクターがクラスで教えているテクニックがあなたのレベルや経験に合っているでしょう。

4)スパーリングでの正しい姿勢
スパーリングですべきことはテクニックを試すことと各ポジションでの技術的な解決法を見つけることです。
真逆は試合のノリで全てのスパーで勝つことを目指すこと、
帯上相手にやられないことを目標に全力でホールドし続けること、
もしくは帯下の相手に「得意技」ばかりで戦うことです。
有名なMMAのコーチにインタビューした際、彼はスパーリングを「技術の発展と学び」と定義していました。
スパーは試合のノリで勝とうとしないで下さい。
正しい姿勢はあなたの柔術を自由にし、実験と学びへと開放するでしょう。

「何!?」
これらは秘訣でないと思いますか?
そうです。
真実は柔術の上達に秘訣はありません。
定期的な練習と良い健康、教えを受け入れる正しい姿勢があなたの柔術を上達させるのです。

Credits: Mark Mullen
Gracie Barra Black belt based in Taipei, Taiwan
Twitter: @MarkMullenBJJ

 

休館日

【休館日のお知らせ】

8月14日(月)、15日(火)は休館日となります。

ご迷惑をおかけしますが、ご注意下さいますようお願いいたします。