悪い習慣をなくす | グレイシーバッハ 徳島 公式サイト|ブラジリアン柔術・護身術・格闘技道場


多くの柔術家は似たような傾向に陥ります。
柔術での悪い習慣について考えてみましょう。

1)ウォームアップを飛ばす
クラスに遅れて遅れてきてウォームアップを飛ばしてクラスに入る生徒がいます。
ウォームアップは練習において最も好まれない部分であり、それをしないことは別に悪いことではないように感じます。

しかし、身体は運動の前に適切な準備をすることで怪我の危険を減らす必要があります。
怪我した人から聞いた話のほとんどは以下のような感じです。
「私はクラスに少し遅れていたので、すぐに着替えてスパーリングを始めました。」

ウォームアップを飛ばさないでください!

2)基本を無視する
YouTubeの柔術動画は、派手な高度なスポーツ用のテクニックに寄り過ぎているという理由から頻繁に批判されています。
個人的にそれ自体は否定しませんが、初心者がより重要な基本的なテクニックを無視するのには否定的です。

ベリンボロやリバースデラヒーバを使いこなす初心者がいました。
しかし護身術にある基本的なヘッドロックをかけられた時、彼は有効なエスケープ方法を知りませんでした。

レベルの高いテクニックに挑戦してください。
しかし柔術の基礎をなす基本的なテクニックは無視しないでください。

3)テイクダウンを練習しない
練習でのテイクダウンは挑戦的です。
グレイシーバッハの道場ではカリキュラムに必ずテイクダウンの技術が含まれていますが、大多数の柔術道場ではテイクダウンの練習していません。

膝つきからのスパーリングでの戦い方を知っていても、
適切なテイクダウンの知識がないことは認めなければなりません。
トーナメントでは、彼らは不慣れな立ち技で緊張してしまいます。

いくつかのテイクダウンテクニックを選択して自信がつくまで反復してください。
試合の立ち上がりがうまくいくように立ち技からのスパーリングも練習してください。
あなたがアカデミーで見かける悪い習慣は何ですか?

Credits: Mark Mullen
Gracie Barra Black belt based in Saigon, Vietnam
Instagram: @bjjmarkmullen