最高の練習相手になる | グレイシーバッハ 徳島 公式サイト|ブラジリアン柔術・護身術・格闘技道場

徳島 格闘技

ブラジリアン柔術の楽しみと学習において最も大切なのはヘッドインストラクターで、次に大切なのはあなたの練習相手です。

良い練習相手が、あなたのスキルを磨き、能力を最高に引き出します。

柔術の「ムカつく相手」についての議論が起こるたびに、生徒の間でトップにあげられるいくつかのトピックがあります。

見当違いのトレーニングパートナーは、人の良い練習仲間でさえもイライラさせている可能性があります。

グレイシーバッハの協力とリスペクトのポジティブな精神を維持することに興味をもっているのなら、一般的な問題のいくつかを議論し、私たちが最高のトレーニングパートナーになることができる方法を考えましょう。

1)個人の衛生問題

これは練習相手から最も嫌われる問題です。

「臭い人」にならないでください。

あなたの道着とラッシュガードはすべてのクラスの前にきれいに洗われるべきです。

練習相手はあなたの臭い道着を掴んで練習したくないでしょう。

練習後は、濡れた衣服をギアバッグに長時間入れたままにしないでください。

ファンキーな臭いがするのを防ぐために、トレーニング後できるだけ早く空気乾燥させてください。

さらに、指とつま先の爪を短く切ることに特に注意してください。

多くの柔術の生徒は、スパーリング中、長すぎるツメで引っかかれた経験があるでしょう。

これはクラスの週の始めに5分間手入れすることで簡単に回避できました。

ニンニクが多いトレーニング前の食事を楽しんだ場合は、トレーニングバッグにうがい薬や強い防口臭のミントを普段から入れておくと、近距離のパートナーに負担をかけないようにすることができます。

衛生問題を生徒に伝えなければならないという仕事は誰もが好きではないので、他の人を考慮して率先して気をつけて下さい。

2)反則または乱暴なテクニックを避ける

生徒がスパー中に反則をするのをたまに見かけます。

スパーリング中に1人の学生がヒールフックをかけるを見て、インストラクターはすぐに練習を中止し、アカデミーでの通常のトレーニングではヒールフックが禁止されていると指導し、生徒に説明しました。ヒールフックは柔術スクールの大部分で禁止されています。

もし、あなたがヒールフックOKな大会のために準備しているならば、大丈夫です。

スパーの前に、ヒールフックやつま先の持ち方、あなたが練習したいどんなテクニックでも練習相手に伝えてください。

そうしないのなら、従うべき良いガイドラインはあなたの帯色に準じたIBJJF規則です。

私たちのグレイシーバッハスクールの最優先課題はで私たちとトレーニングパートナーを安全に保つことです。

その為に潜在的に有害な状況を回避するためのルールを尊重しています。

「力任せ」のスパーは少し趣旨が異なりますが、これをやっていると道場で孤立します。

例は裸絞です。相手が防御するとき、クリーンな綺麗なテクニックで相手からタップをとるべきです。

無理やり締め上げるとタップを取れるかもしれません…しかし、それをやると練習相手から敬遠されてしまいます。

練習相手への敬意と気遣いのバランスを忘れないようにしてください。

3)タップ!

正直なところ、誰にとってもタップは愉快なものではありません。

勝ち負けが好きな人は毎回、試合のノリで練習し負けを認めたがりません。

特に先生と練習するとき、何人かの生徒はタップしたくない(そして特に下の帯の相手にしたくない!)気持ちが強すぎて怪我をしてしまう時があります。

怪我はした方もされた方もお互い嫌な気持ちになり関係も悪くなります。

未然にタップすることで大部分の怪我は予防できます。

負けを拒む頑固な人になってはいけません。

ただタップしてやり直してください。

頑固すぎてなんらかの理由でタップすることができない人については、極め技を放す必要がある場合があります。

もちろんそのままならあなたはタップをとったかもしれません。

しかしより高い優先順位は安全に練習して、予防可能な怪我を避けることです。

時々それは極め技を放すことを意味します。

道場で柔術を楽しむため、楽しい安全な場所にするために、素晴らしい練習相手になる方法について、みなさん覚えておいて下さい。