帯色の違い | グレイシーバッハ 徳島 公式サイト|ブラジリアン柔術・護身術・格闘技道場

グレイシーバッハ 柔術 徳島 格闘技

「青帯と紫帯の違いは何でしょうか?」

紫帯、茶帯や黒帯はどうでしょうか?

白帯と色帯のテクニック数には間違いなく違いがあります。

白帯から青帯までに費やされる時間は、各ポジションの主要テクニックと正しいメカニズムを学ぶことに費やされています。

数年すれば知識的には茶帯または黒帯になるために必要なテクニックの大部分を知っているはずです。

紫帯と茶帯を分けるのは、知っている技術の量の差ではありません。

たとえば「紫帯はA、B、Cのスイープだけを知っている一方、茶帯はD、Eのスイープまで知っている」ということではありません。

ポジションやテクニックだけの話ではありません。

違いが特定の技術にないならば、色帯間の違いは何でしょうか?

ポジションの連絡と技のつながりは非常に重要な部分ですが、目に見えないものです。

多くの力や無駄な労力を使わずに、スピードと正確さでスイープや極め技に入る能力。

チャンスを認識し、次のポジションに途切れなく移動します。

ムエタイコーチが私に説明した例を使います。

3人のボクサーがいます:

練習1年目のボクサー、数年の経験を持つアマチュア選手、そしてハイレベルのプロ選手。

シャドーボクシングの彼らの動きの流動性、滑らかさと動きの綺麗さを比べます。

対戦相手やパンチ力の測定はありません、それでも我々は3人の動きの違いを見ることができます。

定量化することは異なりますが、確認するとわかります。

茶帯や黒帯の動きのクオリティーをどうやって得る事ができるでしょうか?

単純ですが正直な答えは経験です。

数百時間のマットタイム、練習時間です。

ポジションの連絡は非常に大きい要素ですが明確ではない側面です。

チェスのマスターのように、より高い帯の試合の全体像と照らし合わせて現在のポジションが後にどのようにつながっているかを見ます。

そのように彼らは相手の5手の先の動きを「見る」ことができます。

柔術の選手は速い段階で相手の行動を認識し、予測し、ほんの一瞬早く反応することができます。

彼らはこの能力を使って相手より先に進み、有利な立場から戦うことができます。

ボクシングの例えに戻ると、見たことのないような強烈なパンチ力ではなく

より良い選手は防御を克服するためにコンビネーションとカウンターパンチ戦略を使用し相手を上回ります。

これらの概念はどちらも柔術で絞め技からスウィープや腕十字など他のアタックにつなげるように、自分のポジションとテクニックを連係することを重視するのに似ています。

それでは、私たちはどのようにしてこの能力を発達させるのでしょうか?

「柔術を上達させるために私は何ができるでしょうか?」

私はあなたのインストラクターが与えるのと同じアドバイスをします。

「ただ練習に来て下さい。」

これが不十分な答えのように思えるかもしれませんが、真の答えです。

動きを改善するための練習時間、マットタイム、反復、そして経験がポジションを連絡する能力を高めてくれます。