ドリル どうやる? | グレイシーバッハ 徳島 公式サイト|ブラジリアン柔術・護身術・格闘技道場


特定のテクニックを得意にしたい場合、クラスで一度学んだだけだと実践レベルで十分ではありません。
マッスルメモリーに刻み込むためには、真剣な多くの反復が必要です。
ボクシングクラスでジャブを10回反復したぐらいで「これはOK!次のパンチにいきましょう」とはいかないでしょう。
十分なジャブを身につけるには少なくとも数百回、何千回もの反復が必要です。

これは柔術のテクニックでも同じです。
適切なレベルの優れたトレーニングパートナーと一緒にドリルに時間を割いて練習する必要があります。
A)ダメなドリル
2回、3回繰り返した後、バリエーションの話をしたり、YouTubeで見た技の話をする。
おしゃべりをする前に、もっと反復をしてください。
全く異なるポジションから技術のバリエーションを練習する。
非現実的な方法で抵抗する。協力的なパートナーと練習して下さい。
B)正しく反復する方法!
あなたは練習するために道場にいます。
反復回数に勝るものはありません!
練習時間は頻繁に休んだり、話をしたりしないように。
集中して練習しましょう。
技を1つか2つに絞ってドリルをしましょう。
多くの技を少しずつやるより、少ない技を多く反復する方がはるかに生産的です。
良いパートナーと練習するのもすごく大事です。
はじめは負荷を低くゆっくりと、慣れてくるに従い段階的に負荷と速度を高めてください。
あなたの好きなドリルはなんですか?