GB BLOG の記事一覧

柔術改善ために追加できる3つのこと


この記事を読んでいる人の中でレベルアップを加速させたい方は手を上げてください
(すべての手が上がるでしょう)
注意を引きつけることはできたので、
あなたの柔術の改善を加速させるアイデアについて話ししましょう。

あなたの柔術トレーニングの中で重要な要素は、
クラスへの定期的な出席です。
クラスに参加ができない場合は、
柔術の動画をいくら見てもプラスにはなりません!

道場に来てマットで時間を費やすのは本当に重要です。

各クラスから最大限の利益を得るためのヒントをいくつか紹介します。

1)トレーニングパートナー
黒帯の先生から良い基礎技術を学べているなら、
優れたトレーニングパートナーがあなたの柔術に最も影響を与えます。

大規模で確立されている柔術スクールには、豊富な帯色の相手がいます。
新しい小規模のスクールでは、良いトレーニングパートナーを育成する必要があります。

新しい生徒にはじめて会うときは暖かく歓迎してください。
新しい生徒と情報を共有して問題を解決するためにサポートしてあげて下さい。

より経験豊富なトレーニングパートナーがいる場合はより良い関係を構築してください。
向上させたい技術について話し合い、2)に従ってお互いのゲームを互いに助け合う計画を立てましょう。

2)ドリル
私が思う最高の生徒は、練習相手を助けともにポジションの練習に付き合ってくれる人です。

彼らはクラスに早く来るか、居残り練習をして、
改善したいテクニックを練習します。

オープンマットの時間に練習していた青帯や紫帯の生徒を思い出します。
彼らがアカデミーで最もテクニカルな部類に入り、試合でも成功したことは驚きではありません。
これはすべて自ら進んでやることで、クラス前後オープンマットの時間を使って練習してみましょう!

3)質問
質問は自分のゲームを改善するためにできる簡単なことです。
しかし、多くの人は恥ずかしがりインストラクターに質問をしません。

前回スパーをした時どうだったか覚えていますか?
うまくいったかいかなかったか?
同じスイープを何度もされませんでしたか?
パスされて極められませんでしたか?

こういう時にインストラクターに頼って下さい。
「前回、ニーカットのパスを試みた時にバックを取られたのですか何がまずかったでしょうか?」

こうすることで問題を解決し、自分の柔術を正しい道に戻すことができます。
スパーで経験し、問題を解決することであなたの柔術は向上していきます。

良い練習ができますように!

Credits: Mark Mullen
Gracie Barra Black belt based in Saigon, Vietnam
Instagram: @bjjmarkmullen

 

タップから学ぶ?Yes!


「柔術に負けはない。勝つか学ぶかのどちらかだ」という言葉を聞いたことがあると思います。

これはほとんどの人が感じるこの否定的な経験を再構築する言葉です。

しかし、このフレーズはどういう意味でしょうか?
ポジティブであるのはいいことですが
あなたは本当に学びましたか?

タップから学べる良い方法があります。
あなたの柔術を向上させるために重要なのは正しい姿勢です。

以前クラスで見たわずか数ヶ月の経験の初心者と技術の高い青帯のスパーリングの時のことです。
白帯は頑張っていましたが、実力差があり同じ絞めで何回もタップを取られていました。

3度目のタップした後、彼はマットを叩いて「もう一度!」と言いました。

勝利のために最善を尽くしたにも関わらず、うまくいかない彼の不満はよくわかります。
その気持ちはさらなる努力の牽引力となります。

その白帯が帯を巻き直す時、私は彼に「勝つか学ぶか」という言葉を聞いたことがあるかどうか聞きました。
彼はハイと答えましたが、同じ絞めで3回連続してタップすることが、彼を不快にさせていたのがよく分かりました。

「では今すぐタップから学びましょう。」
柔術の文化の一部であるタップを取られた後、練習相手にどうなったか質問するのが大事だと説きました。
多くの練習相手は進んで答えてくれるはずです。

1)どうやって技を決めましたか?

2)どのミスがその技に到る原因となりましたか?

3)次回そうならないようにできることは何ですか?

会話を聞いていた青帯がやってきて、彼が使っていた絞め技を実演し、問題を特定しました。

第2の質問「あなたはどういう間違いを犯しましたか?」
青帯は、腕の適切な防御位置を忍耐強く説明しました。
最後に、その絞め技の具体的なカウンターについて説明しました。

新しい白帯に、毎回のスパーリングで「タップから学ぶ」というこの方法を適用できると説明しました。
これはスパーリングからのフィードバックを得るための非常に効果的な方法であり、
彼の知識のさまざまな穴を一つ一つ埋めていきます。

うまくいかずクラスが終わった後にすぐに帰宅する代わりに、
小さくても貴重な情報を学んで家に帰って、
柔術を再構築し、次の練習に生かしましょう。

Credits: Mark Mullen
Gracie Barra Black belt based in Saigon, Vietnam
Instagram: @bjjmarkmullen