GB BLOG の記事一覧

西日本マスター選手権


GBが西日本マスター選手権団体優勝
GBファミリーのみなさんおめでとうございます!!

 

あなたにとってのJiu-Jitsu For Everyoneの意味

柔術家であり、関連ブログ(Gracie Barra Blogのような)
ニュースサイト、およびBJJフォーラムをフォローしている場合
柔術の進化と柔術の教え方について多くの議論があるのをご存知でしょう。

初期UFCが柔術を世界を紹介したときに柔術を始めた
「オールドスクール」の人の多くは、
各スクールがMMAの戦いに重点を置いていたときに練習をはじめました。

当時の多くの柔術スクールは、闘犬と調教師の集まる場所で
すべてのトレーニングは生存をかけたサバイバルという非常に過酷な環境でした。
マットの上は沸いた耳と太い首の男たちばかりでした。

グレイシーバッハキッズクラスと護身術

これはしばしば厳しすぎる環境で、競争と現実を重視していました…
厳選された少数の人々が生き残る厳しい環境でした。

この過酷な環境は確かにタフな柔術アスリートを生み出しましたが、
その性質上、柔術の価値自体は制限されていました。

練習参加はハードトレーニングに興味を持っている若い20代男性に限られていました。
大好きな柔術から多くの人がドロップアウトしました。

「少人数のための柔術」。
グレイシーバッハではこの種のアプローチをこう定義します。。

「柔術はそうあるべきだ」とオールドスクールは答えます。

しかし「グレイシーバッハは柔術の有効性を維持しながら、
伝統的な武術の多くが陥った運命に苦しむのを避ける必要があります。」

良いポイントです。

試合競技に集中しすぎると、
柔術にはさまざまな価値やもっと多くのものがあることを忘れてしまいます。

学校や職場から遅く帰る時の恐怖の感情を克服するために
護身術を学びたいと思うガールフレンドまたは姉妹。

柔術は、さまざまな状況でより快適に感じるために
彼女に力を与えるのを助けることができます。

それから私達に学校でいじめの惨劇に対処する子供たちがいます。
調査によると、多くの子供が仲間のいじめから大きなストレスを被っている。

柔術は、いじめに対処するための自信とツールを子供に身に付けることができます。
他の生徒と協力して社会性を身に付け、友達を作り、人生を生き抜く体力を早い段階から身に付けます。

35歳以上の人たちはどうですか?
彼らはトーナメントでメダル(大きなIBJJF大会のマスター部門という例外はありますが)を目指したり
プロの総合格闘技で戦うことはしませんが彼らの精神の素晴らしさは普段の柔術クラスでたくさん見ることができます。

彼らは練習で心身ともに高め、毎朝仕事場に元気で向かうことができます。

道場での練習は日常生活で抱える精神的な問題の癒しになります。

さまざまな人生やニーズの歩みを持つ人たちが
グレイシーバッハの柔術スクールでそれぞれ違ったベネフィットを得ることができます。

これは我々グレイシーバッハが
「Jiu-Jitsu For Everyone」によって意味していることであり
グレイシーバッハのスクールは柔術を通して自分自身に挑戦し
彼らの生活を向上させようと努めるすべての人に開かれています!

Jiu-Jitsu For Everyone!