カーロス・グレイシー Jr.

Carlos Gracie Jr私は、グレイシーバッハ アカデミー(ブラジル・リオデジャネイロ)の創立者、カーロス・グレイシー Jr. です。皆様に、このアカデミーがどのように創立され、成長を遂げてきたのかをお話したいと思います。グレイシーバッハの歴史は、私の人生そのものといっても過言ではありません。そして、グレイシーバッハ アカデミーで起こった様々な出来事が全て、私の過去、現在、未来に繋がっています。父、カーロス・グレイシーに始まり、多くのアスリートやファイターを輩出した我がファミリーの最大の目標は、柔術というスポーツの普及、そして人生を豊かにする柔術の素晴らしさを広める事でした。父はナチュラリスト(自然派)であり、気高い人間で、自身が柔術から受けた利益を、より多くの人に広めたいと常に願っていました。このような環境の中で育てられた私は、柔術を学ぶという事は、実は自己を磨く為に努力する道だという事を学びました。

父は叔父のエリオ・グレイシーを連れて、リオデジャネイロの市街地にあるアカデミーで教えていました。私はそのアカデミーで柔術を習い始め、インストラクターとして修行し、最終的にプロフェッサーとなりました。この間、同じくプロフェッサーとして活躍した兄のホーウスと従兄弟のホリオンと共にアカデミーを支えました。

その後、ホリオンはアメリカへ、ホーウスは別の兄のカーウソン・グレイシーと共にコパカバーナでアカデミーを開きました。ですが、私は従兄弟のヒクソンと共に父のアカデミーの運営を任される事となりました。2年間勤めましたが、その間、大学で栄養学を学ぶ為コパカバーナで住む事となり、そのうちに、コパカバーナでアカデミーを開いたホーウスと共に働く事を決めました。

ですがその頃、ホーウスとカーウソンはアカデミーを別々に運営する事を決めました。同じ建物の中で2人のプロフェッサーが別々の時間に生徒を教える方法を取りました。

ホーウスと7年間一緒に働きましたが、兄は不幸にもハンググライダーの事故で亡くなりました。門下生全員が兄の妻の元で集まる機会が与えられ、その場で私が責任を持って兄が開拓した道を更に歩む責任が与えられました。その後4年間コパカバーナで続けた後に、バッハ・ダ・チジューカに移転する事になりました。ここが私たちの「バッハのグレイシー」、そしてまたその後に「グレイシーバッハ」として世に知られる事になったルーツなのです。

グレイシーバッハ アカデミーの最初の歩みは約30年前、小さい一軒の家から始まりました。20人の生徒から始まり、1年後には生徒は200人に増えました。その後アカデミーは今も所在する大規模な場所へと移転しました。創立以来、着々と有能なインストラクターを輩出し、世界とブラジルの国際試合で結果を出してきました。現在、グレイシーバッハは世界最大の柔術チームへと成長したのです。

私は常に、自分のこれまでに成し遂げた仕事に誇りを感じています。それは、有能なスポーツ選手やプロフェッサーを育てる事だけに焦点をあてるのではなく、それぞれの個性を創り磨く手助けするという事だと思います。

父がいつも私に言った言葉 :

「 . . . キモノを着て、私と私の家族の皆が教える柔術の力を信じる者がいる事が、私の人生最大の喜びである」(カーロス・グレイシー 1902年―1994年)

Carlos Family
下段左から2番目 20代のカーロス・グレイシーJr. / 上段中央 創始者カーロス&エリオ