お知らせ の記事一覧

ドリル 上達へのカギ


多くの柔術家に最も軽視されている練習は何でしょうか?
一番は立ち技の練習でその次に軽視されているのはドリル(打ち込み)練習だと思います。

スパーリングはおそらく柔術の最も楽しい部分であり、
スパーは抵抗してくる相手に対してテクニックを実際に使えるかどうかを見極めるチャンスです。
しかしこれは新しいテクニックを身につける最良の方法ではありません。

あなたが新しいテクニックを学び、スパーリングで試しても成功することはまずありません。
なぜならそれを正しく適用するのに十分なスキルを身につけておらず、
相手はそれを打ち消すことができるからです。

新しいテクニックをスパーで使い始める前に
パートナーと多くの打ち込みや反復練習をし、技術を体にしみ込ませる必要があります。

効果的なドリル方法

1)まずパートナーと10〜20回を1セットにした打ち込み練習をします。
5回反復したぐらいでやめないで下さい!

2)最初は合理的に正しく動くことに焦点を合わせます。
手足それぞれ体の全部位のディテールに注意してください。
体をタイトにフィットさせ、腰を正しく動かし、適切なグリップを作って下さい。
スピードやパワーにとらわれないで下さい。

スピードとパワーで技を間違って練習することはよくないことです。
テクニカルに正しく体を動かします。

3)抵抗を段階的に増加させます。
ここにくると、パートナーの抵抗がない状況であれば
このテクニックをうまく実行することができます。
しかしスパーリングとなると、話は非常に異なります。

そこで抵抗を段階的に増加させます。
パートナーに 「25%抵抗を強くしてください」と頼み、その動きを試してください。
そこで違いを感じるなら、動きを調整する必要があります。
それができればその後、50%に増加させます。

その次テクニックにスピードを加えていきましょう。
スタートポジションに戻り、(正しい手順を失うことなく!)テクニックをより迅速に実行します。
スパーリングで必要なスピードはどれくらいでしょうか?

技術が完全に体に浸みこめば、スパーリングを想定して動いてみてください。

4)ポジションスパーリング
トップレベルの黒帯のほとんどは、ポジションを改善する価値ある方法として
ポジション・トレーニングを提唱して推奨してきました。

スパーリングのポジションを限定すると(例:ハーフガードをパスvsキープする)
そのポジション改善の効果は最大限になります。

スパーリングでは、あなたが改善しようとしているポジションに達することさえないかもしれません!
ポジションスパーリングでは、改善したいポジションに練習時間を正確に集中させることができるのです。

この練習方法を繰り返せばテクニックはスパーリングで使えるレベルになり
自分の柔術の技術の広がりを感じることができるようになります。

Credits: Mark Mullen
Gracie Barra Black belt based in Saigon, Vietnam
Twitter: @MarkMullenBJJ

 

WEEK1


WEEK1
護身術➡️スタンド打撃
投技➡️引き込み/捨身技
寝技➡️ガード
※GBカリキュラム今週から心機一転WEEK1再スタートです!