プログラム

グレイシーバッハ徳島では練習の成果を最大に引き出す手助けをする為、日々努力を重ねています。地道な努力と練習を重ねる事によって、ブラジリアン柔術はいつしか道場生のライフスタイルとまで浸透し、芸術のような柔術の魅力にひかれる事となるでしょう。

ブラジリアン柔術とは、一生涯の長い旅と同じように捉えるべきだと思います。マスター カーロス・グレイシー Jr. は、道場生が白帯からいつしか黒帯にまで自然に上達していける事を想定した、有効な練習プログラムを開発しました。グレイシーバッハ徳島の授業やカリキュラムは個々で単発として存在するものではなく、大きな「プログラム」という枠の一要素として存在しているのです。

グレイシーバッハのプログラムは6つの大きな要素から構成されています。

  1. カリキュラム :
    練習生がテクニックを学ぶ際に一番効果的な方法を構築し指導しています。
    グレイシーバッハのカリキュラムはどれも16週間を1単位としています。
  2. 段階的修得 :
    1つのプログラムを終えて初めて次のプログラムに移行出来る様に、
    段階的に学べるシステムを取っています。
  3. クラス :
    1つのテクニックを学ぶ際にも、様々な違った角度やその時々に必要なテクニック、
    また的確なテクニックを指示出来るカリキュラムを用いて行われています。
  4. メソッド :
    カリキュラムに沿って決められたドリルとトレーニング課題が与えられ、
    練習生自身が実際にテクニックを応用出来る様に指導しています。
  5. 練習ペース :
    練習生が順調にカリキュラムを消化し、上達出来るよう最低日数を提案し、
    出来うる限り(絶対ではない)出席を促すシステムになっています。
  6. 帯制度 :
    練習生の修得、上達に合わせて帯色が決まるシステムをとっています。
    グレイシーバッハの帯制度には、国際ブラジリアン柔術連盟(IBJJF)の定めた
    帯制度が採用されています。

グレイシーバッハの練習生はみな黒帯を目指して精進しています。しかし、これは簡単に達成できる目標ではありません。なにより地道な努力が必要となります。そんな練習生達をうまく導く為に、グレイシーバッハのプログラムは、練習生が柔術を学び、練習し、また幾人かは試合で活躍する為のモチベーションを起こさせるよう論理的に構成されています。

普通初心者はグレイシーバッハ「ファンダメンタル(基礎)クラス」から柔術を始めます。4ヶ月、ファンダメンタルクラスで護身術と技の練習を続けた後、グレイシーバッハ「アドバンスクラス」に進みます。その後8ヶ月間練習と経験を積んだ頃には、グレイシーバッハ「ブラックベルト(黒帯)プログラム」で学ぶのに必要な知識と経験、実力の下地が出来るでしょう。グレイシーバッハ・ブラックベルトプログラムに進むと同時に、MMA、NO-GI、ハイレベルなBJJテクニックなどに参加し、スパーリングや試合の中で様々な戦略や技を学び、磨きをかけて行く事になります。

ブラジリアン柔術は美しい芸術であり、老若男女誰もが学び、楽しみ親しんで行ける生涯スポーツです。グレイシーバッハ・プログラムはマスター カーロス・グレイシー Jr. が30年にわたって練習生を導いてきた経験に基づき開発されたもので、そのプログラムが世界中何千人もの人生の価値をより素晴らしいものにし、自己鍛錬、自信の向上、健康作り等に貢献をしてきました。そしてまた、このプログラムが、ブラジリアン柔術の最高峰を誇るファイター達をこの世に送り出してきたのは言うまでもありません。