初心者が学ぶべき4つのこと

初心者が学ぶべき4つのこと

Top-4-Things-In-Your-First-Year-of-Training

GB BLOGの記事を翻訳↓

Top 4 Things In Your First Year of Training

1)各ポジションの骨格を太くする

まずポジョションのヒエラルキー、段階構造を理解する。

バックマウント

マウント

ニーオンザベリー

サイドコントロール

ハーフマウント

ガード上、ガード下

ハーフガード下

サイドコントロール下

ニーオンザベリー下

マウント下

バックマウント下

↑上ほど良いポジションで下にいくほど悪いポジション。

悪いポジション・・・エスケープと安全な腕の位置

悪いポジション・・・一般的なサブミッションに対する防御法

良いポジション・・・ポジションのコントロール方法と一般的なエスケープを防ぐ方法

良いポジション・・・高確率の基本サブミッションの方法

※スパーリングには入る前に意識して各ポジションをレベルアップさせる必要がある。

2)マットフィットネス

柔術に必要な特定のフィットネススキル獲得の必要性。

エビ、ブリッジ、プランクなどはほとんどの柔術初心者に馴染みのないものである。

クラスのウォームアップに含まれているものもあるが、できれば空いた時間に個別に反復してほしい。

またグリップのトレーニングや、アイソメトリックトレーニング、スタビリティトレーニングも有効である。

3)下のポジションでサバイヴ

レベルの高い相手とスパーリングすると、ほとんどの場合、下の体勢で相手の猛攻をディフェンスすることで

手一杯になるであろう。こういった場合、シンプルにサバイヴ(生き残る)、エスケープする技術が必要になる。

もし正しいポジショニングや、安全な腕のディフェンスができていない場合、

相手にコントロールされ、ディフェンスすることで疲れ果ててしまうでしょう。

特に初心者はサイドで抑え込まれたときに、腕がスキだらけになって極められやすい。

4)上のポジションでポスチャー

トップポジションに関してはベース、ポスチャー(姿勢)、プレッシャー、これらが最も重要となる。

ベースとポスチャーが悪いとすぐにひっくり返されてしまう。

ガード上では、良い姿勢をとり、腕を正しいポジションに置く(低い位置)。

良いベースはあらゆるパスガードの出発点となる。