各帯で何をすべきか? | グレイシーバッハ 徳島 公式サイト|ブラジリアン柔術・護身術・格闘技道場

グレイシーバッハ 徳島 格闘技

レベルアップしたいと思う生徒は、しばしば「自分は何をやっていけばいいですか?」と彼らのインストラクターに尋ねます。

もちろんスタイルは体型、体格、個人的な好みによって異なり、柔術家は個々の長所と短所をよく考慮する必要があります。

生徒の帯レベル、経験のレベルは、何に焦点を決定するかの重要な要因です。

ここでは、さまざまな帯レベルでレベルアップのために焦点を当てるいくつかのアイデアがあります。

白帯は基本的に基本的なテクニックを身に付けるための期間です。

白帯は主要なポジションごとに最適な基本的なテクニックを学ぶことに焦点を当てる必要があります。

そうすれば、彼らは選択肢を持ち、それぞれのポジションで何をすべきかを知ることができます。

第二に、白帯は基本的なテクニックを使うために正しい力学を学ぶのに時間の多くを費やすでしょう。

各テクニックを抵抗する相手に実際にかけるためには厳密なディテールを身につける必要があります。

青帯は主要な各地位で何をすべきかについての知識を持ちスパーリングでは基本的なテクニックを実行することができるはずです。

彼らはそれぞれの状況に合わせて少しだけテクニックを知っていて、純粋な力に頼ることも本能に戻ることもなく建設的なスパーリングをすることができます。

青帯はより高度なポジションを学び、そして異なるガードとテクニックを学びレベルアップしていくでしょう。

新しいポジションを追加し、技術のバリエーションも大幅に拡大していきます。

例えばデラヒーバガード、スパイダーガード、バタフライガードなど、さまざまなオープンガードスタイルを試すのに青帯は最適な機会です。

紫帯は柔術の旅では異なる学習段階を示しています。

紫帯に達する頃には、追加すべきまったく新しい技術はほとんどありません。

彼らが全く知らないテクニックはないでしょう。

経験豊富な紫帯は、これ以上多くのテクニックを追加しても進歩しません。

代わりに彼らは自分の柔術を固め始め、そして特定の分野に集中し始めます。

私が見た多くの紫帯はそれらの焦点を次のように変えるでしょう。

A)自分の弱点を修正する。

あなたは下攻めだけか、逆に上攻めばかりをやって最初の数年間を乗り越えて来たかもしれませんが、紫帯では弱い部分を認識し、それらを修正する必要があります。

トップとボトムのゲームの力にバランスがあるはずです。

ガードが苦手だったりテイクダウンのできない黒帯を想像できますか?

今すぐこれらのギャップを埋めてください。

B)そのゲームを開発する。

あるインストラクターが、多くの紫帯が彼らの得意分野を持っていると言うのを聞きました。

紫帯は、優先順位をつけあまりうまくいかないようなテクニックを脇に置き、最高のポジションを磨くための素晴らしい時期です。

何ヶ月もの間、練習時間を最高のポジションに集中させ、それらを非常に強くしてより高い帯でも通用するように技術を高めていきます。

茶帯は柔術に関してより成熟した視点を持っています。

望むべく黒帯のレベルに到達するにはタイミング、感性、予測と無形の力が必要です。

正確なタイミングで実行された正しいムーブは、紫帯と茶帯の両方が同じテクニックを知っている場合でも、相手を上回ります。

茶帯は必須ではないものを破棄し洗練させる「減算による加算」が求められます。

あなたのインストラクターは、それぞれの帯で取り組むべきものについて異なる考えを持っているかもしれません。

あなたの帯は何色ですか、そしてあなたは今トレーニングで何に取り組んでいますか?