グレイシーバッハ30周年 | グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技

30 years – Keeping the Legacy Alive

30years

30年前、マスター・カーロス・グレイシーJr.によって最初のグレイシーバッハ道場が創立されました。

どの道場もレッドシールドを守り、柔術の有効性を世界に普及させるというグランドマスター・カーロス・グレイシーの夢を継承することで、ひとつの柔術道場以上の役割を担ってきました。

当時から幾分かそのビジョンはありましたが、それらは年々強くなってきました。

最初のステップはブラジリアン柔術競技の世界を制圧したことです。

グレイシーバッハは多くのジムを倒し大小問わず全てのタイトルを獲得し、柔術史に残る名選手を多く輩出しました。

競技柔術の世界で成功を収めた後、グレイシーバッハはさらなるミッションに向かっています。

競技スポーツの成功だけでは目標の実現として十分ではありませんでした。

競技はわれわれをハッピーにしましたが、足りない部分もありました。

われわれがやりたかったことは世界中の人々の間までには普及していませんでした。

しかしいかにして成長していくか?

年齢、性別、文化を越えて愛されるようになるには何が必要か?

継続、知性、忍耐を要しました。

グレイシーバッハのリーダーであり創立者のマスター・カーロスは次のステップとしてミッションを示しました。

「Jiu-Jitsu for Everyone」

最初のステップとしてブ2005年カリフォルニア・アーバインにブラジル国外初のヘッドクォーターを設立。

指導メソッドの、クラスプログラム、ユニフォーム等の統一、ICPインストラクター講習を開始。

FB-Post-940x799-iippr-620x527

リオデジャネイロの一道場からスタートし、現在は世界500道場を越えるまでになりました。

多くの人はいまだにグレイシーバッハの存在意義について理解していないかもしれません。

言葉で言い表すのは難しいですが、拡大の背景として道場内外で多くの仕事に時間が費やされました。

アイデアを出しトライ&エラーを繰り返し、個人よりもグループとしての成功を常に目指しました。

失敗を乗り越えチャレンジをしてきました。

戦いにおいて敗北から学び勝利に繋げるようにして、完成を求めてきました。

このの話は過去のことではなく、われわれは現在進行形の歴史にいます。

なぜ世界最大の柔術スクールか?

グレイシーバッハのメンバーは単にチームの一員というだけではなく、世界最大チームの一員ということでもあります。

wearegbright-620x335

グレイシーバッハ徳島

ブラジリアン柔術・格闘技スクール

徳島県徳島市問屋町145

初心者・未経験者大歓迎!

まずは今すぐ見学&無料体験を!