新しいポジションを取り入れる | グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技

Adding-New-Positions-To-Your-Jiu-jitsu

ブラジリアン柔術には数多くのポジションが存在し(特に道衣ありの場合は)

それらが自分のゲームにフィットするか試さなければいけません。

試した後、自分の技術体系やスタイルにフィットせずに破棄することも多いです。

しかし稀にそれらが「欠けているピース」を埋めてくれるときもあります。

ではどういうふうに新しいポジションを取り入れていけば良いでしょうか?

ホムロ・バハウスタイルのスパイダーガードを例にしてみます。

片手は襟、反対の腕はスパイダーで引っ掛けます。

1)学ぶ 基本的な考え方と、関連するポジションのテクニックをリサーチする。

このグリップから何のアタックができるか考えてみる。

最優先、二番目に重要なスウィープは何か?

たくさんの技があります。

しかし高確率で決まるのは1番目、2番目までです。

動画を見る(実際の試合と、手順を説明している教則の両方を見ると良い)

サブミッションやスウィープにフォーカスする前にそのポジションでの可能性を探ってみよう。

2)道場で反復し、試してみる

単にテクニックを見て覚えただけでは、スパーリングで使えるほど十分とはいえません。

オープンマットの時間はこの手の練習をするのに最適です。

興味のありそうな仲間を誘って反復してみましょう。

「どのグリップがタイトか?」「どちらのやり方が良いか?」

こういうった会話は技術を分より理解するのに役立ちます。

身体に新しい動きを覚えるために反復を重ねることは必要です。

パートナーからは何が有効でどうすればタイトになるかという貴重なフィードバックをもらえます。

25F2A1933-620x413

3)限定スパーリング

ここからは「路上テスト」が必要となります。

新しいポジションのうまくいっていない部分を知ることができます。

通常のスパーリングでは新しいポジションを練習したくても5分間で一度ぐらいしかそのシチュエーションになりません。

限定スパーリングでは最初から最後までそのポジションで練習でき、レベルアップを計ることができます。

4)フィードバックと修正

限定スパーをやっていくと問題に直面します。

悪いことではありません。一度の練習でパーフェクトになることなどありえません。

何がうまくいって何がうまくいっていないかという価値あるフィードバックを得ています。

こういうときはインストラクターに見てもらい何が原因でうまくいっていないか聞きましょう。

細かいディテールやミスを修正してくれるでしょう。

※新しいポジションをとりいれるには我慢強さと継続性が必要です。

実際にうまくいくまでに何度も失敗するものです。

25F2A2027-620x413

Credits: Mark Mullen