柔術初心者によくある悩みへのアドバイス | グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技

escapes_-secret-to-freeing-up-your-jiu-jitsu

柔術をはじめて毎回新しいテクニックを学べるのはエキサイティングなことです。
そこで初心者が直面するチャレンジがあります。
それは難しいスキルを習得することです。

初心者達との対話することで出てきた、みなが共通して持つ悩みをどう扱うべきかをアドバイス。

1)テクニックが覚えられない
これが最も多い悩みではないでしょうか。
全くおかしい話に聞こえますが、多くの人は自分だけが物覚えが悪いと思い込みがちです。
しかしこれは学びの過程で誰しもが経験することなのです。

アドバイス
「反復こそスキルの母」です。
基本の技の中から選りすぐって反復してください。
こうすればたくさんの情報が原因で頭が混乱することはなくなります。
ファンダメンタルクラスは重要なテクニックにフォーカスして練習できる良い機会です。

帰ってからノートをとったり、クラスと同じ技をYoutubeで見たりするのは記憶を強化するのに有効です。

2)筋肉痛が酷い
柔術の練習では他のスポーツでは使わない種類の筋肉を使います。
慣れるまでに時間がかかりますが指が痛くなったり、首が凝ったり、腹筋の筋肉痛などは皆に共通してあることです。

アドバイス
ベストなアドバイスはシンプルです。
定期的に練習へ行き、テクニックを反復していれば自然と慣れます。
しばらくして慣れると楽に感じるようになります。
道場外でのアクティビティも加えるとより良いでしょう。
私の場合はTVを見ながらストレッチをし、筋肉の凝りをほぐしています。

3)技の名前が覚えられない
・アメリカーナ
・腕絡
・フレンチロック
・キーロック
多くの生徒から技の名前が覚えられないと言われます。

アドバイス
Googleを使って検索してみると良いでしょう。
柔術を学ぶときはハムストリングと同じように頭もストレッチする必要があります。
技の名前を知ることで情報交換はスムーズになります。
私はノートに「ハーフからのロールオーバースイープなど自分がつけた技名で書き留めています。

GBカリキュラム – 柔術を学ぶベストな方法

Credits: Mark Mullen
Gracie Barra Black belt based in Saigon, Vietnam
Twitter: @MarkMullenBJJ