カーロス・レモスJr.からのアドバイス | グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技

「あなたが知っていることすべてをみんなと共有してください…」ㅤ

カーロス・レモス先生は、リオデジャネイロのバッハ・ダ・チジューカにあるオリジナルのグレイシーバッハ出身です。

マスターカーロスグレイシーJr.が開いた最初のグレイシーバッハスクール出身であり、今日はアメリカのイリノイ州で大きく成功しているグレイシーバッハダウナーズグローブを運営しています。ㅤ

GB:グレイシーバッハのスクールで生徒とシュアしたい柔術のトレーニングに関するアドバイスは何ですか?ㅤ

カーロス先生:柔術を練習する人への私のアドバイスは、いつも生徒たちに伝えていることです。

覚えておいてください…強度よりも継続性が大事です。

強度はあなたを滅ぼし、あなたを破壊します。ㅤ

強く握りすぎることはよくないことです。

微妙なプレッシャーです。

それが絞技を成功させるコツです。

強く握りすぎると、グリップが焼けてしまいます。

疲弊してしまいます。

そして勝つことはできません。ㅤ

絞技を決めているときの考え方は、トレーニングでの考え方と同じです。

継続性が大事です。強度ではありません。ㅤ

怒りや欲求不満は練習に持ち込まないで下さい。

あなたは「決して十分ではありません」

謙虚でいてください。

あなたよりも優れた人が常にいるでしょう。

静かに良い日々を過ごして下さい。

悪い日は笑顔で過ごして下さい。

落胆しないでください。

これらはあなたが柔術で良くなる方法です。ㅤ

あなたが知っていることすべてをみんなと共有してください。

人々と共有すればするほど、知識を保持することができます。

あなたは知識を生かし続けなければなりません。

そして反復が鍵です。マスターカーロスは私たちに何度もそう伝えました。

繰り返しがカギ!ㅤ

GB:柔術のトレーニングでこれまでに受けた最高のアドバイスは何ですか?ㅤ

カーロス先生:柔術に関して私が受けた最高のアドバイス?

言い訳をしない。

食べ過ぎない。

遅く寝ないでください。

アルコールを飲まない。

ドラッグを使用しない。

柔術を今日明日の視点で考えない。

柔術を長期的な視点で考えてください。ㅤ

サムライの言葉があります…そして私はこの原則について多く考えてきました。「近い視点で公正なものを探し、遠い視点で近いものを見ること。」

これが柔術です。これが柔術で受けた最高のアドバイスだと思います。ㅤ

柔術を一生として考えてください。

明日のための柔術だけを考えないでください.. 1年後.. 2年後。

あなたが孫と柔術をしていると考えてください。

それは人生があなたに与えることができる本当の祝福と貴重な贈り物です。

あなたが自分の体を尊重し、自分の人生を大切に扱うならば。ㅤ

GB:最後の質問です。コーチ、トレーニングパートナー、またはスポンサーに何か言いたいことはありますか?ㅤ

カーロス先生:グレイシーバッハのすべての偉大な先生たちに一言申し上げたいと思います。

長年の私たちの友情と絆が私たちを繋げてきました。

それはグレイシーバッハの大きなな成功です。

どうもありがとうございました!ㅤまた、世界中の私の生徒全員、イングランド南西部のGBのすべての人たちに、サルボ先生と彼のチーム。

グレイシーバッハJAPAN、グレイシーバッハ徳島のみんな。ありがとう!ㅤ

私の考えを皆さんと共有する機会を与えてくれてありがとう。

グレイシーバッハは永遠に!