柔術を練習する様々な理由 | グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技

グレイシーバッハの哲学「Jiu-Jitsu for Everyone」は、柔術のトレーニングがあらゆるタイプの人々に恩恵をもたらすことを意味しています。

トーナメントに挑戦するシリアスな選手だけでなく、子供、女性、それ以外の生徒も柔術から大きな人生の恩恵を得ることができます。

フィットネス

多くの柔術家が彼らの年齢よりはるかに若く見えるのは偶然ではありません。トレーニングと柔術のライフスタイル全般について、人々を若く活力のあるものにするためのものがあります。

ジムのトレッドミルで走るのが退屈すぎる、またはウェイトトレーニングの単調な性質に飽きていると感じた人にとって、柔術は彼らの興味、健康を維持する方法です。新しいスキルを学びながら、強さ、コアの安定性、耐久性、柔軟性のバランスをとります。フィットネスに最も興味のある生徒にとって、柔術は大きな挑戦です。


護身術

これが、ほとんどの人が最初に柔術スクールに入門する最大の理由です。特に大都市の中心部での安全に対する恐れは、人々にとって非常に現実的です。多くの人々は、実際の路上で問題が発生した場合に身を守るスキルを学ぶために柔術を求めています。

これは女性や子供など社会のより脆弱なメンバーの一部に当てはまります。

駐車場や夜間の路上で脅迫されていると感じる女性は、柔術を練習することによって、これらに対処することができます。護身術を学ぶことは、残りの人生において自信を持って生きるのに役立ちます。

子供たちは、学校でいじめという不幸なストレスに毎日直面しています。柔術はいじめに最適な解毒剤と言われています。親が若い人に与えることができる最も貴重な贈り物の1つは、自分といじめに立ち向かうためのツールを彼らに身につけさせることです。

自己成長

「誰もが何かと戦っている」 

人々が柔術を練習する私的な理由はたくさんあります。

個人的な恐怖に立ち向かい、克服する。アルコールや薬物の摂取を伴わないキャリアからのストレスを管理する方法を見つける。薬物乱用の問題と闘っているときに強さを見つけたい人。愛する人が病いにかかっているときに無力感を発散する方法。柔術を学ぶ上で、アスリートとしての能力を試したいだけの人もいます。チャレンジを求め、人間としての自分を拡大することは、私たちの心理的健康の一部です。柔術は個人の成長のための素晴らしい手段です。

試合

強い競争心を持つ人々は、柔術競技で自分のスキルをテストする多くの機会を見つけるでしょう。大学のアスレチックキャリアが終わった後、多くのアスリートは、内側で燃えるような競争心の激しい炎の出口を探しています。

真剣なアスリートは、国内のトーナメントで経験を積み、世界クラスのグレイシーバッハインストラクターの指導の下、国際レベルの大会に参加します。あなたのハードワークが自分自身を限界まで遠くに連れていくことができます!若者はエネルギーを試合に活かして、勝ち負けに関する人生の教訓を学び、チームメイトと協力してトーナメントの準備やコーチやレフェリーへの敬意をの大切さを学ぶことができます。

あなたが柔術を練習する理由は何ですか?