柔術を練習する様々な理由 | グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技


グレイシーバッハの “Jiu-Jitsu for Evryone”の哲学は、
柔術を学ぶあらゆる人に利益をもたらすことを表現しています。
トーナメントでの成果を目指すシリアスな競技者だけでなく、
子供、女性、高齢者など誰もが柔術から大きな人生の恩恵を得ることができます。

・フィットネス
多くの柔術家が年齢よりはるかに若く見えることは偶然ではありません。
柔術のライフスタイルは人を若くて健康的なものにしてくれます。
フィットネスジムでの単調なトレーニングを退屈に感じてしまう人はたくさんいます。
柔術は飽きずに楽しみながらフィットネスの効果も非常に高いです。
彼らは新しいスキルを学びながら、強さ、体幹の安定性、持久力、柔軟性のバランスを得ます。
こういった側面からフィットネスに関心ある人にとって柔術は素晴らしいチャレンジです。

・護身術
これはほとんどの人にとって柔術を始める理由の第1位です。
特に大都市に住む人にとっては非常に現実的な問題です。
路上で自分を守るスキルを学ぶために、多くの人が柔術を練習しています。
これは特に女性や子供など社会的弱者にも当てはまります。
夜間の路上駐車場で不安を感じる女性は、柔術を練習することによって
これらに対処する術を学ぶことができます。
対処する術だけではなく自分に自信を持つことは人生において大きな意味を持ちます。

学校にいる子供たちは、いじめの不安やストレスに日々直面しています。
柔術はいじめに対する完璧な解毒剤と言われています。
親が子供に与えることができる最も貴重な贈り物の1つは、
自分自身で起き上がり、いじめを克服する力を与えることです。

・人格形成
私はへンゾ・グレイシーの言葉が大好きです。
彼は「誰もが日々何かと戦っている」と語ります。
多く人々が個人的な理由が何かしらあり柔術を練習しています。

人は個人的な不安に直面すると、どうにかそれを克服しようとします。
アルコールや薬物の摂取を伴わないストレス解消法を見つける。
これらの問題と戦う強さと解決方法を見いだそうとする人。
愛する人が病と戦っている時には自分の無力感を逸らす術も必要です。

柔術を学ぶだけではなくアスリートとして自分の能力をテストしたい人もいます。
挑戦を求めて自身の成長を促すことは心身の健康にとても良いことです。
柔術は自分の成長を進める乗り物のようなものと言えます。

・競技者
競技に熱心な人は自分をテストする為に多くの大会に参加します。
大学スポーツを終えた人が社会人として新たに柔術に取り組み試合に熱中することはよくあるケースです。

真剣な選手は、地元のトーナメントで経験を積み、
グレイシーバッハの指導者の下、国際レベルの試合に向かうことができます。
そしてハードワークすればするほど多くの経験ができます!

若者はエネルギーを費やして大会に挑戦し、
チームメートと共に練習し、コーチやレフリーへ敬意を表し
勝敗を通じて人生についての教訓を得ることができます。

あなたが柔術を練習する理由は何ですか?

>>関連記事 0か100かのメンタリティー

Credits: Mark Mullen
Gracie Barra Black belt based in Saigon, Vietnam
Twitter: @MarkMullenBJJ