どうやって良いコーチになるか? | グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技

ブラジリアン柔術 格闘技 徳島 グレイシー

グレイシーバッハ徳島 柔術 blog-格闘技

gb blog より

How to Be an Effective Coach

グレイシーバッハのコーチのための記事。

皆、柔術普及のために素晴らしい仕事をしています。

そして生徒の自己実現を手助けすることで、非常に重要な役割を果たしています。

継続的な改善こそ、私たちの成功の鍵です。

この記事でどのようにすれば我々の役割を継続的に良くできるかを学べます。

我々の役割とは、生徒が最善の練習ができるようにすることです。

・適切なプロファイリング

様々な性格の持ち主がいます。

物静かであったり、感受性が強かったり、論理的、情熱的、控えめであったり…

それぞれを良く知ることは、非常に重要な鍵です。

例えば、消極的見える人は練習をしたがっていないことを知っておかなければならない。

練習に来ているのに興味なさそうにしている人は、ただ健康維持のために来ているか

他の人達と一緒にいる時間を楽しむのを目的にしているかもしれない。

・フィードバック

フィードバックの中には常に「金」がある。

中には聞く必要もないフィードバックもあるかもしれない。

ほとんど全ての人が理論的にはベストでありたいと思っている。

柔術家の多くは、他人の意見を受け入れる高い寛容性を持っている。

フィードバックは理解を高めるために非常に有益である。

またコミュニケーションをとることも良いフィードバックを得るために重要なキーである。

・ロールモデルになる

生徒にとってのロールモデルになる。

決定的なことは自分が見せたように生徒はなる。

伝えることによって教えることはできない。

正しいやり方を見せることによって教えることができる。

これらのやり方は多くの教育システムで成功をおさめている。

・練習における必要事項の理解

練習における必要事項とはテクニックやムーブ、カウンター、ポジショニングに限ったことではない。

道場を掃除する、綺麗に維持していくこと、常に道場を最高の環境にすることも良いコーチの条件である。

・やる気にさせる

モチベーションには外的なものと内的なものがある。

言う必要もないがモチベーションについて知ることが良いコーチになることに役立つ。

ご存知のようにモチベーションは人にアクションをおこさせる。

生徒が何ができないかではなく、何ができるかを伝えることでやる気にさせる。

生徒に彼らの限界に挑戦させるようプッシュする。

いかにして自分がグレイシーバッハのコーチになりえたかなどを生徒に伝えると良い。

 

‘Jiu-Jitsu for Everyone!’