GBの価値観 ポジティブな態度 | グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技スクール

現在、多くのGBスクールは閉鎖されている可能性が高いでしょう。

アクティブな状態を保ち、身体を柔軟に保ち、筋肉を機能させ続けることに加えて、私たちは態度を前向きに保つよう努力する必要もあります。ㅤ

人生のすべてが順調に進んでいるとき、前向きな精神的態度を持つのは簡単です。

しかし私たちの決意は、人生があまりうまくいかないときにテストされます。

この時、私たちは前向きな姿勢を維持することを考える必要があります。

柔術は、少林寺の僧侶やカンフーのように哲学に重点を置いていませんが、柔術の伝統には、最良の方法で考え、生活する方法に関するいくつかの指針があります。ㅤ

一部の読者は、グランドマスターのカーロス・グレイシーSrのこの重要な哲学を読んだことを覚えているかもしれません。ㅤ

グランドマスター・カーロス・グレイシーSr.– 12戒ㅤ    

1. 何事にも心の平穏を乱されない強さを持て

2. 全ての人へ幸福、健康、繁栄について語れ

3. 物事をポジティブな視点から見て、ポジティブさを現実の生活に生かせ

4. 最高のみを考え、最高を求めて働き、常に最高を期待せよ

5. 他人の成功を自分のことと同じように熱狂せよ

6. 過去の失敗は忘れ、明日の勝利へエネルギーを注げ

7. 常に周りの人々を幸せにしなさい。そして話かけてくれる全ての人に微笑みなさい

8. 最大限の時間を自己改善に充て、他人を非難する時間はないように

9. 不安を感じないほど大きくなり。怒りを覚えないほど高潔になり、恐怖を感じないほど強くなり、逆境をにあっても乗り越えらるだけの心を作り上げなさい。

10. ポジティブな意見を持ち、それを世界に伝えなさい。虚栄の言葉ではなく、博愛を通じて

11. ベストを尽くしている限り、世界は自分の味方だと強く信じなさい。

グレイシーバッハの生徒として、私たちはどのようにして前向きな姿勢を示せますか?ㅤ

GBの生徒が前向きな姿勢を広めることができるいくつかの方法を次に示します。ㅤ

1.最初に挨拶する。

最初の柔術のクラスでどれほど不安を覚えたか覚えていますか?

あなたは何をすべきか知りませんでした。

スクールは見知らぬ人ばかりでした。

GBスクールの経験豊富な生徒として、新しい生徒の近くに行き、挨拶して、会話をし、コミュニケーションをとる最初の人になるように努力してください。

このシンプルな心がけは、新しい生徒の緊張を大幅に緩和します。

新しい生徒と親しくなることについての私の自身の経験からのストーリー。

ある生徒から、数年前にグレイシーバッハのスクールで柔術のクラスを受けたというメッセージが届きました。

私は多くの新しい生徒に会うことから、その時の記憶を思い出せませんでした。生徒(現在はインストラクター自身)は次のように述べてくれました。

「あなたは親切に話しかけてくれました。本当に感謝しています。」

私たちのGBスクールの中でも、新しい生徒に対してオープンで前向きになることで、この雰囲気をさらに作りましょう。

2.正しくできているところをキャッチ!

生徒が新しいポジションを学んでいるとき、技術のすべての詳細と正しいメカニズムを理解して適用することは難しい場合があります。

「グリップが間違っています」または「インストラクターが教えたような動きをしていない」という修正は必要です。

しかしこれは初心者には否定的なフィードバックになりがちです。

上級者として親切なトレーニングパートナーになるには「間違っている」点の修正とポジティブなフィードバックとのバランスをとる必要のあります。

よりポジティブになるための良い方法は、初心者が正しく動けた瞬間を「キャッチ」し、彼らがどのように素晴らしいスイープまたはエスケープを持っているかを伝えてあげることです。

3.スクールのことを少しずつ手伝ってください。

誰もが毎週練習を楽しめる清潔で安全なスクールを運営する上で、必要な数百の小さな作業があります。

あなたのスクールの運営を手伝うことは、私たち全員ができることであり、私たちのGBスクールの全体的なポジティブな発展に、小さいながらも重要な方法で貢献することができます。

クラス終了後、マットに残った空のペットボトルを拾います。

更衣室で忘れているTシャツを、忘れ物ボックスに入れてください。

SNSに写真を投稿して、スクールにタグを付け、柔術の楽しみを伝えます。

これらの小さな行為はすべてあなたのスクールに前向きな雰囲気を築きます。

4.他人を落とすネガティブな話題はしない。

はい、プロ格闘家の一部が罵り合いや相手への悪口で多くの注目を集めていることを知っています。

その否定的な話は、これらのプロ選手の自己宣伝に任せてください。

私たちのほとんどは、ライバルの柔術スクールへの否定的な政治攻撃を耳にします。

誰かが別のスクールについて何か否定的なことを言ったり投稿したりしました…

彼らはそれについて聞いて、自分たちの否定的な言葉で返答しました、

そうすると火に油を注ぎ…そして、悪い感情に発展します。

SNSの投稿をポジティブなものにする。

周りの練習仲間たちを落としたり、他の柔術スクールについて否定的なことを言わないでください。

グランドマスター・カーロス・グレイシーSrが

「最大限の時間を自己改善に充て、他人を非難する時間はないように」

と言うように、こういった前向きな姿勢は周りの素晴らしい模範になります。