マウントがうまくなる3つのヒント | グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技

グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技

マウントポジションはバックマウントとともに寝技における最強のポジションと考えられています。
しかし多くの人はマウントを苦手とし、安定したサイドポジションを好みます。

なぜでしょうか?

マウントをとっているとガードに戻されたり、ブリッジで返されるように感じてしまいます。
マウントをパワフルなポジションなので練習して自分の武器にしましょう。

ここからはマウントをうまくする3つのヒント

1) 最優先はキープすること

マウントをとった生徒の多くはキープすることを忘れて
(IBJJFルールでは3秒間静止しないとポイントは入らない)
急いで腕を取りにいき、相手に隙を与えてエスケープされてしまいます。
マウントをとった時、最優先は相手を逃がさないようにキープすることです。
エスケープを防ぎうまくキープができるようになったなら2)へ移りましょう。

PJF_9626-620x413

2) 襟・首をアタックする

攻撃されることがないと下の相手は安心してエスケープに専念します。
しかしマウントで襟をタイトに握られると絞めを防ぐためにディフェンスに手を回さなければいけません。
それに加えて両膝が相手の脇の位置にあるハイマウントがとれるとマウントはより効果的になり
ブリッジでエスケープされる可能性を低くすることができます。

3) 腕十字と絞めのコンビネーションを磨く

レジェンドとして知られるホジャー・グレイシーは「ベーシック」かつパワフルなマウントアタックで有名でした。
ある年の世界選手権でのことでした。
ホジャーは対戦する黒帯全員をマウントから極めるという偉業を成し遂げました。
ホジャーは腕十字と絞めのコンビネーションを練習することをアドバイスしています。
腕十字と絞め、相手は両方の攻撃を100%ディフェンスすることはできないからです。
両方のテクニックを使えると、相手に対して有利に戦い進めることができるようになります。
マウントは自重とテコを生かし相手を苦しめ、ミスへ誘導させられるポジションです。
腕十字と絞め技のコンビネーションで相手を追い詰めましょう。

11146184_871450259567615_7246458946151761192_n-620x349

関連記事>>

新しいポジションを取り入れる

Credits: Mark Mullen
Gracie Barra Black belt based in Saigon, Vietnam
Twitter: @MarkMullenBJJ