教えることで学ぶ? | グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技

グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技 護身術

ある道場では青帯や少し経験のある生徒と全くの初心者でペアを組ませる。

特に大きい道場になると最も経験の高い生徒が初心者へテクニックを理解できるように助けている。

ある熟練のインストラクターは生徒それぞれが初心者の練習を助けなければらない責任があるとまで言う。

経験の長い生徒の中には練習に来た際、どの生徒が体調を崩して練習に来れていないかとインストラクターに聞いている生徒までいる。

初心者に教えることは自分自身の練習とはかけ離れているかもしれない。

しかし全くの初心者には複雑な動きを分解してシンプルに理解できるよう教えてあげる必要がある。

グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技 護身術

不思議なことに初心者に教えていると、誰しも自分自身の柔術の理解が深まっていっていることに気づきます。

それはどういう意味か

例)クラスで三角絞を5つのポイントとともに教えて、ペアを組んで練習するよう指示します。

驚くことはそれぞれのペアが別々に違った動きをしていることです。

そこで説明するときに明らかに見過ごしていた部分に気づかされます。

自分は無意識にやっているけど抜け落ちている手順。

初心者の人にはそういう部分まで細かく分解した説明が必要なのです。

そこでベーシックなテクニックのより深い理解が得られ、生徒をよく観察することでよくある間違いも知ることができます。

グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技 護身術

初心者がしやすいミスの他に、どの動きが成功を作り出すかも理解できます。

以前、5つのステップで覚えていた三角絞があるとします。

初心者を指導した後では3つのよくある間違いを加えて8つのステップまで増やして理解できるようになるでしょう。

紫帯と黒帯の大きな違いはベーシックな技術の理解度にあります。

ナチュラルなアスリートはただ自分ができるだけで、なぜできているかの分析が欠けています。

コーチはそれぞれのディテールを理解し、何が成功へ導くかを明確に説明できなければいけません。

グレイシーバッハ徳島 ブラジリアン柔術 格闘技 護身術

初心者にベーシックなテクニックを教えるのは、柔術の理解を深めるチャンスです。

なのでクラスで初心者を助けることをためらわないで下さい。あなたにも利点があります!