練習相手をいかに守るか | グレイシーバッハ 徳島 公式サイト|ブラジリアン柔術・護身術・格闘技道場

How-To-Protect-Your-Training-Partners

相手との密接な接触があり、練習パートナーへの配慮が必要なスポーツはそう多くありません。

道場では練習相手を怪我から守らなければいけないシチュエーションがあります。

関連記事>>練習での怪我を最小化する

1)練習相手の背後に気をつける

隣のペア、壁、マットの端、柱にぶつからないように。

相手が気づいていない時は、潜在的な危険性から守ってあげるのはあなたの役割です。

激突する前にスパーリングを一時停止してください。

投げ技のときに受け手に怪我させないのはあなたの責任です。

責任の重さを真摯に考えてください。

2)指やつま先がドウギに引っかからないように

激しいスパーリングをするとよく袖の中に指やつま先が引っかかり捻ってしまうことがあります。

もしその状況に気づけばただちに一時停止し解除した後にスパーを再開して下さい。

1604725_583345465086682_657101625_n-620x413

3)関節が不安定な位置になっていないか

奇襲のテイクダウンやスイープを仕掛けたとき、体重が乗り相手の膝を捻ってしまう可能性があります。

相手のポジションが不安定なときは強引に技を続けないで下さい。

4)サブミッションはタップ前に離す

まずはじめにサブミッションを仕掛けられたときにタップするのはあなたの責任です。

練習相手はあなたにどれだけの柔軟性があるかを知りません。

それと上級者ほど練習相手をうまく守ってあげる必要があります。

技術が高い人になると、キムラ、腕十字で相手がタップしない場合は離してあげます。

怪我をさせないように離しているのに不機嫌に「タップしてませんけど!」と主張してくる腹の立つ人もいます。

しかしながら大局的に考えれば怪我が起きず大切な練習相手がいてくれるほうが余程マシです(例え腹の立つ人であっても)

jeff_dudu-620x413 (1)

練習相手が怪我をしないよう助けてあげましょう。

Credits: Mark Mullen
Gracie Barra Black belt based in Taipei, Taiwan
Twitter: @MarkMullenBJJ